わきが体質の人の特徴と制汗剤による臭い対策

わきがは汗臭さとは違う、独特の臭いがあるのが特徴となっています。

 

このわきが臭は、アポクリン腺から出る汗が、皮膚の表面で様々な細菌によって分解されることによって発生しています。ちなみに、一般的な汗臭さは、エクリン腺といった汗腺から出る汗によるものです。そのため、このアポクリン腺の数が多い人がわきが体質だとされています。

 

わきが体質の人は、白人では80%、黒人にいたっては100%の割合だと言われています。

 

しかし、日本人の中ではわずか10〜15%といった少なさであるため、よりわきがの臭いに対して敏感となっており、問題視される傾向にあるのです。そのため日本では、自分がわきがではないかといった悩みを持つ人が多くなっています。臭いに敏感なである日本だからこその悩みだと言えます。

 

自分の体臭は自分自身では気づきにくいため、わきが体質であるかどうかを心配する人が多いのです。しかし実際のところ、悩んでいる人の中には、汗臭さをわきが臭と勘違いしている人も少なくありません。

 

わきが体質かもといった不安を感じた時には、自分でわきが体質かどうかをチェックする方法があります。まず1つ目は、服などに黄色い汗染みがつくことがあるかどうかです。アポクリン腺から出る汗は、脂質や糖質、たんぱく質、鉄、アンモニアといった成分を含んでおり、黄色や赤みを帯びた汗が出ます。

 

そのため、白い服などには汗染みができてしまうことが多いです。2つ目は、耳垢が湿っぽいかどうかです。アポクリン腺が多い人は、耳の中のアポクリン腺の数も多めです。そのため、耳垢が湿っぽく柔らかい状態になるからです。3つ目は、両親のいずれかにわきが体質の人がいるかどうかです。

 

わきが体質は遺伝することがほとんどです。また、この他、ワキ毛が濃い人もわきが体質であることが多いです。アポクリン腺が多い人は、ワキ毛が濃く、太い傾向が強いからです。こうしたチェック項目に当てはまる人はわきが体質である可能性が高いです。

 

わきがはアポクリン腺の汗が原因であるため、手汗を抑えるのに有効と言われている人気のファリネで制汗することによってかなり臭いを抑えることができます。特に、スプレータイプの制汗剤よりもロールタイプ、塗るタイプの方が肌への密着度が高いため、より高い制汗効果を実感できると思います。